【はり理】28回鍼灸国試解説【問148】

まずは問題を解いてみよう。

刺鍼時のフレア形成に関与するのはどれか。
第28回 鍼灸国家試験 問題148
以下、問題の解説です。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

解説

この問題の意図

フレア形成のメカニズムを理解しているかを問うている。

フレアが形成されるメカニズム

鍼灸施術をした際に、皮膚が赤く発赤することがあるかと思います。
これがフレア現象と呼ばれるものです。
この現象が生じる軸索反射基本的なメカニズムとして、鍼灸施術が無髄の神経線維を興奮させ、それが逆行性に興奮して、その末端からCGRPやサブスタンスPが放出されます。
これらの物質の放出に伴い血管が拡張し、血流が増加することにより、皮膚が発赤します。
こうした基本的なメカニズムをおさえたうえで、選択肢を一つずつ見ていきましょう。

解説

「 脊髄後角でのガンマアミノ酪酸(GABA)放出 」は、脊髄の後角に到達する前に逆行性に興奮するので、フレア現象とは関係ありませんので、不適切な選択肢です。

「 交感神経節後線維の興奮 」は、軸索反射には交感神経は関与しませんので、こちらも不適切な選択肢です。

「 視床腹側基底核群の興奮 」は、軸索反射は脊髄より末梢レベルで生じる反射ですので、視床は全く関係ありません。ですので、この選択肢も不適切です。

「 軸索反射による CGRP 放出 」は、軸索反射のメカニズムとして正しい記述ですので、これが正しい選択肢となります。

これらより導き出される解答

上記より答えは「 軸索反射による CGRP 放出

まとめ

フレア現象は軸索反射によりCGRPが放出されることにより生じる。

その他

他の第27回鍼灸国家試験問題の解説も読む→こちら
他のはりらぼ!オリジナル問題2019の解説も読む→こちら
その他試験問題を解く→こちら
プレスリリースの掲載をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

はりらぼ!in LINE@はこちら!

友だち追加

Twitterも緩く更新中。
@harilaboteamのフォローよろしくお願いします。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事