はりらぼ新規リニューアル公開!より見やすくなりました!(過去記事や過去問演習は徐々に移行中)

【生理】30回鍼灸国試解説【問30】

目次

まずは問題を解いてみよう

第30回 鍼灸国家試験 問題30

問題30
脳波について正しいのはどれか。

解説

この問題の意図

単純に脳波について問われた問題

用語の解説

脳波とは

EEG(Electroencephalogram)とも表記されます。脳波とは、神経細胞の活動で生じる電位の和を頭皮上に貼った電極で記録したものであり、脳の活動状態を評価することが多いです。

脳波の成分は周波数によって遅い波からδ波(4Hz以下)、θ波(4~8Hz)、α波(8~13Hz)、β波(13Hz以上)、γ波(β波よりも高いHz)に分けられます。

γ波

覚醒状態であり、視覚情報を処理している時に記録される。

β波

覚醒状態であり、集中している時や注意している時に記録される。

α波

閉眼時などリラックスしている時に記録される。

θ波

浅い睡眠状態の時に記録される。(意識がかなり低下している状態)

δ波

深い睡眠状態の時に記録される。(意識は全くない状態)

選択肢の解説

深睡眠時には脳波は平坦となる。

深い睡眠状態ではδ波が発生しています。つまり、意識が全くなくなった状態であっても神経活動が起きていると言えるでしょう。脳波が平坦になった状態は活動が一切起きていないということです。つまり、これは脳死状態となります。

β波は α波より周波数が低い。

β波は13Hz以上で、α波は8~13Hzとなりますので、β波はα波よりも周波数が高いと言えます。

δ波は運動時に多く現れる。

δ波は深い睡眠状態の時に発生します。運動時とは真逆ですね。

α波は安静覚醒閉眼時に現れる。

これが正しい。

これらより導き出される解答

上記より答えは「α波は安静覚醒閉眼時に現れる。

まとめ

今回は脳波について単純に聞かれた問題でした。今回のような知っていれば解ける問題は確実に取れるように把握しておきましょう。

その他

試験演習

Adsense

おすすめ記事

SNS

公式LINE

友だち追加
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
TOP
目次
閉じる