【国試体験談】来年受けて頑張ればいいや。【インタビュー】

こんにちは。

今回は現役初年度で受験した国家試験で灸は合格したものの鍼は不合格、その翌年のリベンジで無事に鍼を取得された「(PN:)うーたん」先生をお招きしてインタビューをさせて頂きました。

どのような勉強方法で国家試験を乗り越えたのか、参考にして頂ければ幸いです。

前回インタビューはこちらからどうぞ。

注意

本コンテンツに関しまして、本人に説明・同意を得た上でインタビューさせて頂き、内容を承諾頂いた上で掲載しております。
また一部インタビュー内容で本人が特定される等プライバシー事項・不利益被る内容に関しては一部改変・修正を行った上で記載しております。
いずれに関しましても掲載前に本人に確認頂き問題がないことを確認した上で公開しております。
また本コンテンツにつきまして突然の公開停止等を行う場合が御座いますので予めご了承ください。

プロフィール

今回インタビューさせて頂いた、うーたん先生の略歴は以下になります。

うーたん先生プロフィール

鍼灸専門学校卒業のはり師・きゅう師、32歳。
以前は陸上選手やトレーナーとしてジムなどで活動。
現役学生として国家試験受験するも灸のみ合格し、鍼は不合格。
その後2019年2月に行われた鍼灸国家試験にて無事に鍼も合格。鍼灸師としてのキャリアは半年。
現在はグループ展開する会社に鍼灸師・トレーナーとして勤務されている。

鍼灸師を目指した理由

よー
初めまして。
今日は宜しくお願い致します。
うーたん
こちらこそ宜しくお願い致します。
よー
では早速ですが、初めに鍼灸師を目指した理由を教えて下さい。
うーたん
初めはジムではトレーナーとして仕事をしていました。その時、高校の部活の監督と実業団の監督と食事をする機会があったのですが、実業団の監督に「陸上でトレーナーをやりたいのであれば鍼灸の資格ったほうがいいよ」と言われたのがきっかけです。
また家庭が医療関係の家系や親が看護師と言うこともあり「何か国家資格や手に職を持っておいたほうがいいんじゃない」と言われたのも重なり鍼灸学校に入学する流れになりました。
よー
お仕事をされていたという事は社会人として入学されたのでしょうか?
うーたん
私の場合、高校卒業のち短大を卒業しました。その後、大学に編入してトレーナーに就職したと言う流れです。
よー
ちなみに短大や大学では何を勉強されていたのですか?
うーたん
短大ではシステムエンジニアになるための勉強を、大学では経営・経済を専攻していました。
当時は社会人として1日12時間以上働いていたので、専門実践教育訓練給付金(※1)などで学費が半額になることもあって、アルバイトしつつ個人事業主として働きながら夜間の専門学校に通うことを決めました。
よー
トレーナーとしてはいつからご活動されているんですか?
うーたん
大学の陸上を途中でやめてしまってから、ジムでアルバイトを始めたのがきっかけです。
リーマンショックが重なったりと紆余曲折あったのですが、最終的には陸上のトレーナーに近づくために鍼灸の世界に入ったという感じですね。
※1 <strong>専門実践教育訓練給付金</strong>とは

働く方の主体的な能力開発の取組み又は中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とし、教育訓練受講に支払った費用の一部が支給されるものです。
また、初めて専門実践教育訓練(通信制、夜間制を除く)を受講する方で、受講開始時に45歳未満など一定の要件を満たす方が、訓練期間中、失業状態にある場合に訓練受講をさらに支援するため、「教育訓練支援給付金」が支給されます。

厚生労働省HP 教育訓練給付制度 2019.11/24閲覧・引用

学生生活について

よー
実際入学されて鍼灸の勉強が始まって、勉強はできる方でしたか?
うーたん
今までずっと運動していた人と言うのもあるし、この時も仕事はしていたので正直学校に来て、寝てただけでした。必要最低限の単位はとるけども、実際3年生のギリギリまで追い詰められてた感じですね。
よー
学校の中での成績はいかがでしたか?
うーたん
成績は中の下でした。ケツまではいかないけども人数が少ないから。15人ぐらいの真ん中ちょい下という感じでしょうか。
大体テストは追試を受けて受かるパターンでした。本試で受かる事はあまりありませんでしたね。
よー
今この時の勉強方法って高校生の時とか大学生の時とか入学されてからやっていたギリギリの勉強方法とかって何か違いはありますか?
うーたん
高校はいわゆる体育会系で本当に部活ばかりでした。一応進学科にはいましたが優遇みたいのがあり、そもそも学校にいる時間が少なく勉強していないです。
したとしてもテストを直前に一夜漬けって感じの勉強方法でした。
よー
その勉強方法は入学されてからも変わらなかったですか?
うーたん
変わらないですね。笑
ぶっちゃけ試験当日に出回ってる過去問とかをパーっとみてほぼ丸暗記して受けるとか、先輩から受け継いだ試験の過去問とかでやり過ごすような感じでした。なので実際意味を理解しているかと言うとそうではなかったですね。
よー
例えば空欄になってる単語を覚えるような感じですかね?
うーたん
そうですね。
後は国家試験のように問題がでるんですけど、この問題はこれ!のような感じで覚えていました。ひどい時は問題文章なんとなくで覚えて、答えの番号だけ覚えておくような感じでしたね。
よー
プリントを覚えるのが主な勉強方だったと言うことですかね?
うーたん
そうですね。
よー
その勉強方法は3年間ほぼ変わらなかったんですか?
うーたん
そうですね。そうなりますね。笑
よー
3年生の時は卒業試験みたいなものはのあったりするのですか?
うーたん
実技と口頭試問、後はメイン教科を中心に国家試験に準じた問題が出題されてたのが卒業試験でした。
よー
実際の国家試験プレテストみたいのはなかったのでしょうか。
うーたん
そういうのはなかったです。

現役最初の国家試験

よー
そのような中、いざ国家試験を受けるとなった時に、一夜漬けの勉強方法で受かると思って国家試験を受験されたのでしょうか?
うーたん
まぁいつもなんとかなっている人だから大丈夫だろうと思っていました。先生はすごい心配していたと思うんですけど、僕自身は落ち込まないタイプで気楽な感じで「なんとかなるっしょ」みたいな感じで受験しました。
よー
国家試験受ける前の最後の勉強時間てどれぐらいでしたか?
うーたん
そんな集中力もたないので1日で言うとちゃんとやってたのは5、6時間位になります。
午前中に2時間、お昼食べて1時間位寝て、また2時間勉強。夕飯食べた後は、眠くなるまで大体2、3時間と言う感じでしょうか。
よー
国家試験の前はお仕事はお休みされていたんですか?
うーたん
続けていましたが、仕事の量は多少減らしていました。
よー
という事は12月入る前までは一夜漬けでしか勉強していなかったということですかね?
うーたん
そうですね。6月に試験があったんですが、得点率が38%位でちょっとやばいなと思いだして。12月では国家試験の過去問とかで大体45%しか得点できていなかった。それを踏まえて冬休み入ってから朝から晩までやるようになったんですけどね。
よー
国家試験の過去問を解き始めたのはいつからですか?
うーたん
12月のテストの結果を受けてやばいなと思ってからです。冬休み明けのテストでどう得点が変化するのか様子を見た。その後過去5年分を解き始めて、携帯アプリ等を利用して電車の中とかでずーっと解いていた。外れた問題とかは過去問の解説を見たりして理解していた感じです。
よー
12月までやらなかった理由はありますか?
うーたん
純粋にやる気がなかった。
よー
そんな中、実際国家試験を受けて手ごたえってどうでしたか?
うーたん
その当時の国家試験が、すごい合格率低い年でした。周りの様子とかを聞いている中で「難しいなぁ。やばいなぁ。」と思って午前中を終えました。LINEとかで、問題ムズくないみたいな話が出た時は、みんな難しいと思ってるんだと感じました。まぁ受かるかどうかわかんないけどとりあえず午後も受けてみるか!みたいな感じでした。なので受かるかどうかと言うより、みんな難しいんだから「みんながダメならダメだと!」言う感じでした。
よー
周りが難しいと言ってるから落ちても仕方ないよねと言うことですか?
うーたん
そうですね仕方ないしなんも思わなかったです。
よー
それを踏まえて午後の受験ははいかがでしたか?
うーたん
難しかったです笑
よー
終わってから受かってると思いました?
うーたん
もう落ちたなみんなで慰めようぜって言う感じでした。笑
よー
合格発表の際に灸は合格、鍼は不合格の結果が出たときの心境っていかがでしたか?
うーたん
逆に片方だけ受かっててラッキーと言う感じでした。
よー
来年は鍼のリベンジをしようと思っていたんですか?
うーたん
まぁ落ちたら来年受けて頑張ればいいやと先生にも表明していたので。
また親も全く期待していないようなタイプだったので、そんなに深く落ち込むと言うのは無いような感じでした。
なので今の知識が入った状態であと1年、今まで勉強してこなかったことや深いところまで勉強が出来るならいいなと思っていました。
よー
という事は来年もう一度受ければ鍼は必ず受かると自信があったと言うことですか?
うーたん
それぐらいの気持ちだったと言う事ですね。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事