記事上のボックスで関連内容を切り替えられます!

2019はりらぼ!オリジナル国家試験問題

これから始めるテストははりらぼ!オリジナル国試問題2019年版の問題です。
以下の「次の問題へ」より解答を始めてください。
問題数は160問です。

問題 1
エビデンスレベルの最も高い疫学研究法はどれか。
問題 2
介護保険制度で正しいのはどれか。
問題 3
医の倫理と関係がないのはどれか。
問題 4
典型7公害のうち、イタイイタイ病と関係があるのはどれか。
問題 5
経口感染するのはどれか。
問題 6
保健統計について正しいのはどれか。
問題 7
4類感染症はどれか。
問題 8
下水道の普及率で最も適切なのはどれか。
問題 9
RNAウイルスはどれか。
問題 10
毒性が一番強いのはどれか。
問題 11
疾病予防のうち一次予防はどれか。
問題 12
あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律で、はり師、きゅう師の資格要件で欠格事由はどれか。
問題 13
あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律で、10日以内に行わなければならないのはどれか。
問題 14
あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律で、広告できるのはどれか。
問題 15
あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律で、施術所について正しい記述はどれか。
問題 16
筋と支配神経との組合せで正しいものはどれか。
問題 17
膵臓について正しい記述はどれか。
問題 18
肝門を出入りするものでないのはどれか。
問題 19
最も遠位にある関節はどれか。
問題 20
横隔膜について正しい記述はどれか。
問題 21
心臓についての組合せで正しいのはどれか。
問題 22
腕神経叢について誤っているのはどれか。
問題 23
硝子軟骨はどれか。
問題 24
セメント質でおおわれているところはどれか。
問題 25
中脳にないものはどれか。
問題 26
目について正しいのはどれか。
問題 27
健常成人で容量が1番少ないのはどれか。
問題 28
唾液の作用でないのはどれか。
問題 29
内腔の直径が1番大きいのはどれか。
問題 30
尿素が分泌される部位はどこか。
問題 31
正のフィードバックを受けて分泌されるのはどれか。
問題 32
シナプス伝達の特徴でないのはどれか。
問題 33
内因性発痛物質はどれか。
問題 34
副交感性血管拡張神経の支配を受ける臓器はどれか。
問題 35
頭頂葉にあるのはどれか。
問題 36
副甲状腺ホルモンについて正しいのはどれか。
問題 37
塞栓の組合せで正しいのはどれか。
問題 38
Ⅱ型アレルギーはどれか。
問題39
常染色体劣性遺伝病はどれか。
問題 40
特異性炎の特徴でないのはどれか。
問題 41
代謝障害とその原因との組み合わせで正しいのはどれか。
問題 42
腫瘍マーカーと腫瘍の組合せで正しいのはどれか。
問題 43
浮腫の原因でないのはどれか。
問題 44
正常バイタルはどれか。
問題 45
構音障害をきたさないのはどれか。
問題 46
鞍鼻をきたす疾患はどれか。
問題 47
頭頂葉の障害が疑われる感覚検査はどれか。
問題 48
粘膜反射はどれか。
問題 49
上下肢を投げ出すような粗大な運動を示すのはどれか。
問題 50
脊髄性運動失調をきたす疾患はどれか。
問題 51
膝側副靭帯損傷の検査はどれか。
問題 52
放射線被曝する検査はどれか。
問題 53
眼振をきたす疾患はどれか。
問題 54
チアノーゼをきたさないのはどれか。
問題 55
褐色細胞腫でみられないのはどれか。
問題 56
胆石・胆嚢炎について誤っているのはどれか。
問題 57
肝硬変について正しいのはどれか。
問題 58
進行性筋ジストロフィーについて正しいのはどれか。
問題 59
全身性エリテマトーデスについて正しいのはどれか。
問題 60
腎盂腎炎でみられるのはどれか。
問題 61
潰瘍性大腸炎でみられるのはどれか。
問題 62
感染侵入型食中毒はどれか。
問題 63
肺癌の症状でないのはどれか。
問題 64
先天性股関節脱臼について正しいのはどれか。
問題 65
斜頸について正しいのはどれか。
問題 66
左心不全の症状はどれか。
問題 67
大球性正色素性貧血をきたすのはどれか。
問題 68
脳出血の発生が最も多い部位はどれか。
問題 69
緑内障について正しいのはどれか。
問題 70
胃・十二指腸潰瘍について誤っているものはどれか。
問題 71
骨粗鬆症による骨折の好発部位はどれか。
問題 72
次の文で示す症例について、問に答えよ。
「23歳の女性。3日前から発熱があり、今朝からは腰部が重く、悪寒、戦慄を伴う40℃台の発熱が続いているため受診。血液所見は赤沈亢進、白血球数増加。」
本疾患で陽性となる検査はどれか。
問題 73
次の文で示す症例について、問に答えよ。
「23歳の女性。3日前から発熱があり、今朝からは腰部が重く、悪寒、戦慄を伴う40℃台の発熱が続いているため受診。血液所見は赤沈亢進、白血球数増加。」
本疾患で原因として多いものはどれか。
問題 74
次の文で示す症例について、問に答えよ。
「62歳の男性。階段を上る際に息切れを自覚していたが、歩行でも息切れを自覚し始めたため受診した。喫煙は 30本/日を40年間している。」
本疾患でよくみられる所見はどれか。
問題 75
次の文で示す症例について、問に答えよ。
「62歳の男性。階段を上る際に息切れを自覚していたが、歩行でも息切れを自覚し始めたため受診した。喫煙は 30本/日を40年間している。」
本疾患の治療法はどれか。
問題 76
次の文で示す症例について、問に答えよ。
「朝起きると顔が動かしづらく、鏡を見ると左の口角が下垂していた。また、食事をしていても飲食物が口からこぼれてしまう。」
本症例でみられない症状はどれか。
問題 77
次の文で示す症例について、問に答えよ。
「朝起きると顔が動かしづらく、鏡を見ると左の口角が下垂していた。また、食事をしていても飲食物が口からこぼれてしまう。」
本症例に対する治療法はどれか。
問題 78
関節可動域テストについて正しいのはどれか。
問題 79
背筋筋力低下予防を目的として行う治療体操はどれか。
問題 80
FIMについて正しいのはどれか。
問題 81
慢性閉塞性肺疾患のリハビリテーションについて正しいのはどれか。
問題 82
脳性麻痺について正しいのはどれか。
問題 83
肩甲骨下制に作用する筋はどれか。
問題 84
膝の靭帯について正しいのはどれか。
問題 85
歩行について正しいのはどれか。
問題 86
頚腕障害について正しいのはどれか。
問題 87
関節リウマチのリハビリテーションで正しいのはどれか。
問題 88
臓の生理作用で正しいものはどれか。
問題 89
気・血・津液について誤っているのはどれか。
問題 90
外邪の特徴とその症状の組合せで誤っているものはどれか。
問題 91
望診で観察するものはどれか。
問題 92
湿邪が存在する場合の脈状はどれか。
問題 93
六経弁証の少陰病の主な症候はどれか。
問題 94
次の文章が示す経脈病症はどれか。
「腰部・大腿内側の痛み、冷え、しびれ、口腔内、咽頭部の炎症」
問題 95
寒熱に苦しむ奇形八脈病症はどれか。
問題 96
五行色体で相剋関係にある組合わせはどれか。
問題 97
次の文で示す患者の病症でみられる舌象はどれか。
「32歳の男性。主訴は腹痛。食後の腹部膨満感を伴う。1日に約5ℓの水を飲む。」
問題 98
小建中湯を用いる腹診所見はどれか。
問題 99
病症と症状の組合せで正しいのはどれか。
問題 100
3本の鍼を用いる刺法はどれか。
問題 101
経穴間の距離が最も短い組合わせはどれか。
問題 102
最も遠位にある足部の経穴はどれか。
問題 103
腸脛靭帯炎に対して局所治療を目的として用いる経穴はどれか。
問題 104
正しい組合わせはどれか。
問題 105
胆嚢炎で用いられる奇穴の取穴部位で正しいのはどれか。
問題 106
同じ高さにある経穴の組合せはどれか。
問題 107
橈骨神経溝上で取穴する経穴はどれか。
問題 108
片側に4穴ない奇穴はどれか。
問題 109
足の陽明経の絡穴の取穴部位はどれか。
問題 110
骨と筋肉の隙間にあり、急性疾患に用いる足の太陽経の経穴の取穴はどれか。
問題 111
手の太陽経の取穴部位はどれか。
問題 112
股関節の外転作用のある筋上にある経穴はどれか。
問題 113
足の少陽経において腓骨の前方にない経穴はどれか。
問題 114
八脈交会穴のうち、手の太陰経の絡穴と組み合わせて用いる経穴はどれか。
問題 115
合陽と承山の間と同じ長さの骨度法はどれか。
問題 116
次の文で示す症例に対する局所治療で用いる経穴で最も適切なのはどれか。
「52歳の男性。週末に趣味でテニスをしている。フォアハンドで打つ際に右肘に痛みが生じる。」
問題 117
次の文で示す症例に対して障害神経を考慮して循経取穴を行う場合、最も適切な治療穴はどれか。
「58歳の女性。足首を背屈させることができなくなったため来院。歩行時は足尖から接地する。」
問題 118
次の文で示す患者の病症に対する治療方針で最も適切なのはどれか。
「35歳の女性。主訴は頭痛。仕事が忙しくなり、症状を自覚していたが、部下のミスに対して説教をしていたら症状が増悪。目も充血している。」
問題 119
次の文で示す患者の病症に対して経脈の疎通を目的として治療する場合、最も適切な治療穴はどれか。
「52歳の男性。主訴は左手首痛。ドアノブを回す際に痛みが生じる。尺屈、回旋させると痛みが増悪する。」
問題120
眼精疲労のうち鍼灸治療の適応となる症状はどれか。
問題 121
徒手検査法の結果と局所治療穴の組合せが最も適切なのはどれか。
問題 122
次の文で示す患者の病態に対し、罹患局所への施術対象となる神経根で最も適切なのはどれか。
「43歳の男性。右上肢にしびれがあり、上を向く動作で増悪する。患側の腕橈骨筋反射減弱、母指から示指に知覚鈍麻がみられた。」
問題 123
膝関節の完全伸展が筋力不足により行うことができない患者に対して、筋力改善を目的として鍼通電を行う治療穴の組合せで正しいのはどれか。
問題 124
次の文で示す患者の病症に対し、八会穴を用いて治療を行う場合、最も適切なのはどれか。
「18歳の男性。部活動でラグビーをしており、3週間前に脛骨を骨折した。ギブス固定後、リハビリを開始している。腰や膝に力が入りづらい。」
問題 125
次の文で示す患者の病症で最も適切なのはどれか。
「42歳の男性。主訴は耳鳴り。最近物忘れが多くなり、お風呂で頭を洗う際に髪の毛が抜けるのが気になっていた。脈は細。」
問題 126
次の文で示す患者の最も適切な評価法はどれか。
「48歳の女性。ここ数年肩こりを自覚していたが、閉経後に顔のほてりを感じるようになった。また、のぼせたような感じがあり、頭痛もある。」
問題 127
次の文で示す患者の病症で最も適切なのはどれか。
「32歳の女性。主訴は便秘。1年前に第一子を出産後に症状を自覚し始めた。育児の疲れもあり、体が疲れやすい。舌は苔薄。」
問題 128
肉離れに対する鍼灸治療で誤っているのはどれ。
問題 129
次の文で示す患者の病症に対して難経六九難に基づく治療を行う場合、適切な自経の経穴はどれか。
「23歳の男性。子供のころから喘息があり、吸引薬を使用している。サラサラとした鼻水が一年中出ている。脈は浮。」
問題 130
次の文で示す症例に対する鍼施術で局所治療穴として対象となる経穴はどれか。
「18歳の男子。陸上部の短距離選手。練習開始時、踵上部から腓腹筋の間に痛みを覚えるようになった。運動を続けていくと痛みは軽くなる。」
問題 131
超音波治療器について正しいのはどれか。
問題 132
「18歳の男性。バスケットボールの試合中のジャンプの着地の際に右ひざを痛めた。嵌頓症状がみられ、内側の関節裂隙に圧痛がある。」
認められる徒手検査所見はどれか。
問題 133
「18歳の男性。バスケットボールの試合中のジャンプの着地の際に右ひざを痛めた。嵌頓症状がみられ、内側の関節裂隙に圧痛がある。」
罹患部周囲の筋緊張の緩和を目的とした治療で経穴と筋の組合せで正しいのはどれか。
問題 134
レイノー現象に対する診察法で正しいのはどれか。
問題 135
次の文で示す症例について問に答えよ。
「67歳の男性。朝起きると右の顔が動かしづらく、目を完全に閉じることができなかった。食事をしていても口から食べ物がこぼれてしまう。」
本症例で発生が考えられる後遺症はどれか。
問題 136
次の文で示す症例について問に答えよ。
「67歳の男性。朝起きると右の顔が動かしづらく、目を完全に閉じることができなかった。食事をしていても口から食べ物がこぼれてしまう。」
この患者の病症に対する治療方針で最も適切なのはどれか。
問題 137
次の文で示す患者の病症で最も適切なのはどれか。
「41歳の女性。主訴は不正性器出血。月経の前後に下肢の倦怠感がある。梅雨の時期に雨の日が続くと症状が悪化する。舌は胖、脈は滑。」
問題 138
次の文で示す症例で最も考えられる疾患はどれか。
「35歳の男性。主訴は腰痛。第4腰椎棘突起の外方2㎝の部位に圧痛ある。SLRテスト陰性。体幹の後屈時に痛みがあり、後屈制限がある。」
問題 139
次の文で示す症例について、問に答えよ。
「48歳の男性。仕事で部長に昇進し、責任感がストレスとなっている。そのころから性欲が低下し、夜間睡眠時勃起も減退している。」
患者のホルモン検査で血中濃度が基準値よりも低いのはどれか。
問題 140
次の文で示す症例について問に答えよ。
「48歳の男性。仕事で部長に昇進し、責任感がストレスとなっている。そのころから性欲が低下し、夜間睡眠時勃起も減退している。」
体性―内臓反射を目的として、デルマトームを考慮した治療穴で適切なのはどれか。
問題 141
毫鍼について誤っているものはどれか。
問題 142
刺鍼方法について誤っているものはどれか。
問題 143
小児鍼について正しいものはどれか。
問題 144
特殊鍼について誤っているものはどれか。
問題 145
鍼刺激とリスクについて正しいものはどれか。
問題 146
リスク管理について正しいものはどれか。
問題 147
感染症対策について正しいものはどれか。
問題 148
心因性疼痛でないのはどれか。
問題 149
ゲートコントロール説においてゲートを開閉するSG細胞があるのはどこか。
問題 150
足関節捻挫急性期に行う鍼施術の目的で正しいものはどれか。
問題 151
灸治療による循環系に対する作用でないのはどれか。
問題 152
灸あたりの症状はどれか。
問題 153
良質艾を用いる灸法はどれか。
問題 154
艾について正しいのはどれか。
問題 155
灸治療に用いる線香について正しいのはどれか。
問題 156
透熱灸による現象でないのはどれか。
問題 157
灸刺激と関係がないものはどれか。
問題 158
艾の燃焼温度について正しいのはどれか。
問題 159
骨盤位に対する灸治療で正しいのはどれか。
問題 160
圧発汗反射について正しいのはどれか。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です