記事上のボックスで関連内容を切り替えられます!

【経穴】はりらぼ!オリジナル問題2019解説【問101】

まずは問題を解いてみよう。

経穴間の距離が最も短い組合わせはどれか。
オリジナル2019問101
以下、問題の解説です。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

解説

この問題の意図

各経脈の要穴を覚えているか。
要穴の位置を覚えているか。

選択肢の解説

今回の問題のように、選択肢に経穴名が書かれておらず、要穴名で書かれている場合には、経穴名に変換する作業から始めましょう。

手の陽明経-絡穴-郄穴→偏歴と温溜
手の少陰経-絡穴-原穴→通里と神門
手の少陽経-原穴-絡穴→陽池と外関
手の厥陰経-郄穴-絡穴→郄門と内関

すらすらと変換できましたか?この作業が終わったら、次にそれぞれの経穴の位置と経穴間の距離を考えていきましょう。

・偏歴:陽谿と曲池を結ぶ線上、手関節背側横紋から上方3寸
・温溜:陽谿と曲池を結ぶ線上、手関節背側横紋から上方5寸

この二つの経穴の距離は5寸ー3寸で2寸です。

・通里:少海と神門を結ぶ線上、手関節掌側横紋から上方1寸
・神門:手関節掌側横紋上、尺側手根屈筋腱の橈側

この二つの経穴の距離は1寸ー0寸で1寸です。

・陽池:手関節背側横紋上、総指伸筋腱と橈側手根伸筋腱の間
・外関:陽池と天井を結ぶ線上、手関節背側横紋から上方2寸

この二つの経穴の距離は2寸ー0寸で2寸です。

・郄門:曲沢と大陵を結ぶ線上、手関節掌側横紋から上方5寸
・内関:曲沢と大陵を結ぶ線上、手関節掌側横紋から上方2寸

この二つの経穴の距離は5寸ー2寸で3寸です。

一個一個丁寧に位置を確認していけば解けますね。
選択肢2の通里と神門の距離は1寸で一番短くなります。

一見難しそうに見える今回の問題でしたが、要穴の位置を正確に理解できていれば解ける問題です。
ツボの位置があいまいな人は、まず要穴の位置から覚えましょう!

これらより導き出される解答

解答:手の少陰経-絡穴-原穴

まとめ

要穴の位置を覚えよう!

その他

他のはりらぼ!オリジナル問題の解説も読む→こちら
試験問題を解く→こちら

はりらぼ!のLINE@が出来ました。
国家試験解説記事はもちろん、鍼灸情報までお届けします!
以下のリンクより登録お待ちしております。

友だち追加
Twitterも緩く更新中。
@harilaboteamのフォローよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です