【病理】はりらぼ!オリジナル問題2019解説【問38】

まずは問題を解いてみよう。

Ⅱ型アレルギーはどれか。
オリジナル2019問題38
以下、問題の解説です。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

解説

この問題の意図

アレルギーの型と疾患を理解しているかです。

選択肢の解説

アレルギーの5種類の型とそれぞれの疾患を覚えているかを問う問題です。
一対一で覚えていると必ず解ける問題ですので、覚えておくべき要点をまとめて確実に得点しましょう。

生体にとって不利に作用する免疫機構による反応を、アレルギー反応とよび、5つの型に分けることができます。ちなみにこの分類をクームス分類と呼びます。
それぞれの型のアレルギーと代表的な疾患があり、これについて国家試験ではよく聞かれます。
ですので、各型と国家試験のために覚えておくべき代表的な疾患をまとめますので、それを覚えましょう。

Ⅰ型アレルギー

アナフィラキシー型過敏反応と呼ばれ、

・花粉症

・アレルギー性気管支喘息

・蕁麻疹

などが代表的な疾患です。

Ⅱ型アレルギー

細胞傷害型過敏反応と呼ばれ、

・溶血性貧血

・グッドパスチャー症候群

が代表的な疾患です。

Ⅲ型アレルギー

免疫複合体型過敏反応と呼ばれ、

・血清病

・糸球体腎炎

・全身性エリテマトーデス

が代表的な疾患です。

Ⅳ型アレルギー

遅延型過敏反応と呼ばれ、

・接触性皮膚炎

が代表的な疾患であり、ツベルクリン液を注射することによる、局所的な炎症反応であるツベルクリン反応もこの4型アレルギーです。

Ⅴ型アレルギー

抗受容体反応型過敏反応と呼ばれ、Ⅱ型アレルギーの亜型です。

・バセドウ病

・重症筋無力症

この二つが代表的な疾患です。

これをもとに問題を解いてみると、Ⅱ型アレルギーはグッドパスチャー病となります。

ちなみに、アトピー性皮膚炎はⅠ型アレルギー、全身性エリテマトーデスはⅢ型アレルギー、接触皮膚炎はⅣ型アレルギーです。

今回まとめた疾患を覚えておけば確実に解けますので、頑張って覚えましょう。

これらより導き出される解答

グッドパスチャー病

まとめ

アレルギーの型とその疾患を一対一で覚えましょう。

その他

はりらぼ!のLINE@が出来ました。
国家試験解説記事の更新はもちろん、様々な鍼灸情報をお届けします!
以下のリンクより登録お待ちしております。

友だち追加

Twitterも緩く更新中。
@harilaboteamのフォローよろしくお願いします。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事