【はり理】はりらぼ!オリジナル問題2019解説【問145】

まずは問題を解いてみよう。

鍼刺激とリスクについて正しいものはどれか。
オリジナル2019問題145
以下、問題の解説です。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

解説

この問題の意図

鍼刺激の臨床の際に注意すべき知識を有しているか。

選択肢の解説

鍼灸理論の教科書の第7章の「鍼灸の臨床応用」という箇所からの出題です。5ページ分しかありませんが、鍼灸の臨床を行う上でとても重要な情報がたくさんありますので、それぞれの選択肢をまとめながら見ていきましょう。

まず、刺激量に関してです。

基本的に鍼刺激は、
・長くて太い
・刺入と抜鍼の速度が速い
・長時間
・動揺が大きい

こうした刺激方法が刺激量として大きくなるとされています。

ですので、
短時間よりも長時間鍼を留置するほうが刺激量は強い、が正解となります。

他の選択肢も見てみましょう。

感受性に関しては、
・小児や老人
・女性
・顔や手足
に鍼刺激を行う方が敏感であると言われています。
ですので、男子の腰よりも、女子の手足のほうが鍼の感受性は鈍感である、不正解になります。

WHOの適応疾患については、
1979年に世界保健機関(WHO)が43疾患を鍼の適応になる疾患として挙げています。
一方の鍼の医療保険適応となる疾患は6疾患ですので、不正解となります。

ちなみに、国家試験には、鍼の保険適応となる疾患
・神経痛
・リウマチ
・五十肩
・頚腕症候群
・腰痛症
・頸椎捻挫後遺症
も出題される可能背がありますので覚えておきましょう。

禁忌部位についてです。
しっかりと勉強をして、大泉門が禁忌と覚えている人、これが正解と思ったかと思いますが、この選択肢は不正解です。
なぜなら、禁忌となるのは新生児の大泉門だからです。

新生児の頭蓋骨の大泉門はまだ縫合していないため、禁忌となります。
成人となり、頭蓋骨が縫合した後は禁忌となりません。

その他にも
・外生殖器
・臍部
・眼球
・急性炎症の患部
等も禁忌部位とされていますので、併せて覚えましょう。

これらすべては、鍼灸師として安全に臨床を行う上で必要な知識ですので、しっかりと勉強して覚えておきましょう。

これらより導き出される解答

解答:短時間よりも長時間鍼を留置するほうが刺激量は強い。

まとめ

鍼治療を行う際の注意事項などをまとめて覚えておきましょう。

その他

他の第27回鍼灸国家試験問題の解説も読む→こちら
他のはりらぼ!オリジナル問題2019の解説も読む→こちら
その他試験問題を解く→こちら
プレスリリースの掲載をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

はりらぼ!のLINE@が出来ました。
国家試験解説記事の更新はもちろん、様々な鍼灸情報をお届けします!
以下のリンクより登録お待ちしております。

友だち追加

Twitterも緩く更新中。
@harilaboteamのフォローよろしくお願いします。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事