【東概】29回鍼灸国試解説【問98】

まずは問題を解いてみよう。

三陰三陽病と症状の組合せで正しいのはどれか。
第29回 鍼灸国家試験 問題98
以下、問題の解説です。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

解説

この問題の意図

三陰三陽病について理解しているか問う問題

三陰三陽病とは?

傷寒論における病態分類の総称のこと。

太陽病

病邪侵入の初期。表への風寒の邪の侵入に衛気の失調が起こる。

主な症状は、悪寒、発熱、頭痛、項強など。

少陽病

病邪がすでに太陽の表に存在しないが、陽明の裏にも存在しない病位(半表半裏)。

主な症状は、往来寒熱、胸脇苦満、口苦、めまいなど。

陽明病

病邪が裏まで侵入し熱証を起こす時期。

主な症状は身熱、便秘、舌苔黄、悪寒せず悪熱すなど。

太陰病

陽明病の後に起こる。

主な症状は、腹部膨満感、嘔吐、下痢、食欲がないなど。この時期には発熱はなくなっている。

少陰病

太陰病を過ぎて起こる。心腎ともに傷つき陰気、陽気、元気、営血などすべて虚している。

主な症状は、元気がなくなり、臥床してうつらうつらしている。脈は微細で触れにくくなる。

厥陰病

少陰病を過ぎて起こる最後の病。寒熱錯雑証。

主な症状は、消渇、冷え、のぼせ、発作性の頭痛、めまい、顔面紅潮、イライラ、動悸発作、げっぷ、しゃっくり、四肢厥冷など。

選択肢の解説

太陰病 ー 便 秘

太陰病の場合は下痢 便秘は陽明病

少陽病 ー 項のこわばり

項のこわばりは太陽病

陽明病 ー めまい

めまいは少陽病

少陰病 ー 臥床を好む

正しい

これらより導き出される解答

上記より答えは「少陰病 ー 臥床を好む

まとめ

今回は三陰三陽病それぞれがどのような症状を起こすのか把握していれば解ける問題でした。しっかりと把握しておきましょう。

その他

他の第27回鍼灸国家試験問題の解説も読む→こちら
他のはりらぼ!オリジナル問題2019の解説も読む→こちら
その他試験問題を解く→こちら
プレスリリースの掲載をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

はりらぼ!in LINE@はこちら!

友だち追加

Twitterも緩く更新中。
@harilaboteamのフォローよろしくお願いします。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事