【東概】29回鍼灸国試解説【問94】

まずは問題を解いてみよう。

胸中に集まる気について正しいのはどれか。
第29回 鍼灸国家試験 問題94
以下、問題の解説です。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

解説

この問題の意図

「気」について理解しているか問う問題

そもそも胸中に集まる気とはなにか?

胸中(膻中)に集まる気は宗気です。宗気とは飲食物から得られた水穀の気と肺を経て吸収された清気が結合したものとされています。ですので肺に近い胸中(膻中)に宗気は存在すると認識しておきましょう。

主な気と生理機能

気の名前生理作用
元気(原気)①人体の成長、発育、生殖などの推動および調節
②臓腑・器官・組織等の生理活動の推動および調節
営気脈中を巡り、全身に栄養を届ける
衛気体表を巡り、防衛する働きをもつ
宗気①呼吸を推動する
②血の運行を促進する

選択肢の解説

発育を促す。

発育を促すのは先天の精でもあり、気の源でもある元気(原気)の作用です。

発声に関わる。

発声と聞くと肺がイメージされるかと思います。肺と関わりのある気は宗気ですので、発生に関わるのは宗気となります。

発汗を調整する。

発汗は基本的に体表にある腠理の開闔によって調節されています。体表を巡っているのは衛気ですのでこれは衛気の作用となります。

栄養分をもつ。

栄養は全身的に必要なものです。全身に届けることが容易なのは、全身に張り巡らされている脈中に存在する営気となります。ですので、これは営気の作用となります。

これらより導き出される解答

上記より答えは「発声に関わる。

まとめ

今回は胸中にある気はなんなのか、また、その気の作用はどれかを問う単純な問題でした。
このような問題はしっかりと押さえて点数を取りましょう。

その他

はりらぼ!in LINE@はこちら!

友だち追加

Twitterも緩く更新中。
@harilaboteamのフォローよろしくお願いします。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事