【衛生】29回鍼灸国試解説【問7】

まずは問題を解いてみよう。

総務省が実施する調査はどれか。
第29回 鍼灸国家試験 問題7
以下、問題の解説です。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

解説

この問題の意図

一見、衛生学とは関係ないような問題。

衛生学とは?

衛生とは「生」をまもるという意味であり、健康の増進を目的としている。

国や政府が行う調査が国民の健康を守るためのものであれば、今回のように衛生学の範囲として出題されてもおかしくはない。

選択肢の解説

国勢調査 ▷ 総務省

日本の人口や世帯の実態を把握するため5年に一度実施する調査。

人口動態調査 ▷ 厚生労働省

1年間の「出生」「死亡」「死産」「婚姻」「離婚」の5種類を把握するため毎年実施する調査。

国民生活基礎調査 ▷ 厚生労働省

保健、医療、福祉、年金、所得等国民生活の基礎的事項について把握するため3年に一度大規模に実施する調査。

国民健康・栄養調査 ▷ 厚生労働省

食生活状況、各種身体検査、血液検査、飲酒・喫煙・運動習慣などを把握するため毎年実施する調査。

これらより導き出される解答

上記より答えは「国勢調査

まとめ

今回は普段やるような衛生学とは一味違った問題でした。
また、似たような問題が出題されても大丈夫なように把握しておきましょう。

その他

他の第27回鍼灸国家試験問題の解説も読む→こちら
他のはりらぼ!オリジナル問題2019の解説も読む→こちら
その他試験問題を解く→こちら
プレスリリースの掲載をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

はりらぼ!in LINE@はこちら!

友だち追加

Twitterも緩く更新中。
@harilaboteamのフォローよろしくお願いします。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事