【臨総】29回鍼灸国試解説【問45】

まずは問題を解いてみよう。

中殿筋機能不全を確認する徒手検査法はどれか。
第29回 鍼灸国家試験 問題45
以下、問題の解説です。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

解説

この問題の意図

病態把握に必要な理学検査に関する知識を問う問題。

選択肢の解説

トレンデレンブルグテスト = 〇正しい

片足立ちをした際に、骨盤を引き上げられず傾きが出るかを観察するテストです。

中殿筋麻痺などで陽性となる。

パトリックテスト = ×誤り・・・股関節疾患

仰臥位にて股関節を外転、膝関節を屈曲し、踵が膝の上に置くような(四の字固めのような)姿勢にて上から膝の部分を股関節が開排するように押す。痛みが出た場合陽性であり、先天性股関節疾患などの股関節疾患の可能性がある。

ブラガードテスト = ×誤り・・・腰椎ヘルニア

仰臥位にて足を少しずつ上げ股関節を屈曲させていく。足にしびれが出た場合、その高位から少し下げてしびれがなくなった高位で足関節を背屈させる。それでしびれや痛みが出現したら陽性とし、腰椎椎間板ヘルニアの可能性がある。

マクマレーテスト = ×誤り・・・半月板損傷

仰臥位にて足を少しずつ上げ股関節と膝関節を最大屈曲させ膝関節を内旋もしくは外旋した位置から徐々に股関節と膝関節を伸展、内外旋を正中位にする。クリック音や痛みが発生した際に陽性とし、半月板損傷の可能性がある。

これらより導き出される解答

上記より答えは「トレンデレンブルグテスト

まとめ

今回は理学検査に関する問題でした。シンプルな問題ですがこの手の問題は多数出題されますので、どの理学検査がどの疾患で陽性になるのか把握しておきましょう。また、どのように行うものなのかも併せて把握しておくことをお勧めします。

その他

他の第27回鍼灸国家試験問題の解説も読む→こちら
他のはりらぼ!オリジナル問題2019の解説も読む→こちら
その他試験問題を解く→こちら
プレスリリースの掲載をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

はりらぼ!in LINE@はこちら!

友だち追加

Twitterも緩く更新中。
@harilaboteamのフォローよろしくお願いします。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事