【生理】29回鍼灸国試解説【問30】

まずは問題を解いてみよう。

骨格筋の収縮について誤っているのはどれか。
第29回 鍼灸国家試験 問題30
以下、問題の解説です。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

解説

この問題の意図

頻繁に出題される骨格筋について問う問題

選択肢の解説

収縮に先立って活動電位が生じる。 = 〇正しい

骨格筋の活動電位から収縮に至る過程は興奮収縮連関と呼ばれ、T管膜を通じて活動電位が細胞内に伝導するところから始まります。

カルシウムイオンが必要である。 = 〇正しい

筋小胞体のカルシウムイオンが放出され、トロポニンに作用し収縮反応を起こします。ですので、カルシウムイオンは必要です。

ATP が消費される。 = 〇正しい

筋の収縮の際にエネルギーが必要なのは、以下の3つです。
①筋収縮の過程でミオシン頭部の移動
②筋弛緩の過程でカルシウムイオンの回収
③ミオシン頭部とアクチンフィラメントの結合分離

アクチンフィラメントが短縮する。 = ×誤り

ミオシン頭部が収縮しアクチンフィラメントを引っ張り、アクチンフィラメントがスライドし、筋が収縮する。なので、アクチンフィラメント自体が収縮しているわけではないので誤り。

これらより導き出される解答

上記より答えは「アクチンフィラメントが短縮する。

まとめ

今回は筋骨格系に関する単純な問題でした。ぱっと見難しいと感じる人もいるかと思いますが冷静に対処すれば問題ありませんので、確実に点数を取りましょう。

その他

他の第27回鍼灸国家試験問題の解説も読む→こちら
他のはりらぼ!オリジナル問題2019の解説も読む→こちら
その他試験問題を解く→こちら
プレスリリースの掲載をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

はりらぼ!in LINE@はこちら!

友だち追加

Twitterも緩く更新中。
@harilaboteamのフォローよろしくお願いします。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事