【生理】29回鍼灸国試解説【問26】

まずは問題を解いてみよう。

ビタミンについて正しいのはどれか。
第29回 鍼灸国家試験 問題26
以下、問題の解説です。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

解説

この問題の意図

ビタミンについて理解しているか問う問題

ビタミンについて

ビタミン性質機能欠乏症
ビタミンA脂溶性視覚、皮膚および粘膜の維持など夜盲症など
ビタミンD脂溶性カルシウムの吸収促進、骨や歯の発育などくる病、骨軟化症など
ビタミンE脂溶性細胞膜構造の保護や生殖腺維持など筋萎縮や繁殖障害など
ビタミンK脂溶性血液凝固因子の合成血液凝固不全
ビタミンB1水溶性エネルギー代謝やアセチルコリンの合成など脚気など
ビタミンB2水溶性エネルギー代謝や皮膚、角膜維持など舌炎や皮膚炎など
ナイアシン水溶性エネルギー代謝や脂質合成皮膚炎など
ビタミンB6水溶性アミノ酸代謝や赤血球形成など痙攣や貧血など
ビタミンB12水溶性核酸合成、造血、葉酸の活性化神経障害や貧血など
葉酸水溶性核酸合成、アミノ酸代謝、造血貧血や舌炎など
ビタミンC水溶性コラーゲン合成やメラニン形成、解毒作用など壊血病など

選択肢の解説

ビタミン A はエネルギー源となる。 ⇒ ビタミンはそもそもエネルギー源になりません。

ビタミン B12 の摂取不足で脚気となる。 ⇒ 脚気になるのはビタミンB1です。

ビタミン K は骨の構成成分となる。 ⇒ ビタミンKは血液凝固に関与します。

これらより導き出される解答

上記より答えは「 ビタミン C はコラーゲン生成に関与する。

まとめ

今回はビタミンについて理解しているか問われる問題でした。覚えていれば簡単に解ける問題ですのでちゃんと把握しておきましょう。

その他

他の第27回鍼灸国家試験問題の解説も読む→こちら
他のはりらぼ!オリジナル問題2019の解説も読む→こちら
その他試験問題を解く→こちら
プレスリリースの掲載をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

はりらぼ!in LINE@はこちら!

友だち追加

Twitterも緩く更新中。
@harilaboteamのフォローよろしくお願いします。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事