【生理】29回鍼灸国試解説【問24】

まずは問題を解いてみよう。

不要な物質を分解処理する細胞小器官はどれか。
第29回 鍼灸国家試験 問題24
以下、問題の解説です。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

解説

この問題の意図

細胞小器官について問う問題

選択肢の解説

粗面小胞体

粗面小胞体の表面は粗いためリボソームを付着させている。リボソームではタンパク質の合成が行われている。
合成されたタンパク質を折り畳んだり、修飾が行われ正しい立体構造を持つタンパク質を選別し、それをゴルジ装置に輸送する作用を持つのが粗面小胞体である。

ミトコンドリア

ミトコンドリアはATP合成装置である。

ゴルジ装置

タンパク質を細胞外に輸送する。

リソソーム

リソソームには加水分解酵素が含まれており、細胞質内の不要物を処理する働きを有しています。

これらより導き出される解答

上記より答えは「リソソーム

まとめ

今回はシンプルな問題でした。このような問題が出たらラッキーですので必ず点を頂きましょう。

その他

他の第27回鍼灸国家試験問題の解説も読む→こちら
他のはりらぼ!オリジナル問題2019の解説も読む→こちら
その他試験問題を解く→こちら
プレスリリースの掲載をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

はりらぼ!in LINE@はこちら!

友だち追加

Twitterも緩く更新中。
@harilaboteamのフォローよろしくお願いします。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事