【東臨】29回鍼灸国試解説【問133】

まずは問題を解いてみよう。

L4 ‒ L5 間の後外側への椎間板ヘルニアによる下肢の痛みに対する局所治 療穴として最も適切なのはどれか。
第29回 鍼灸国家試験 問題133
以下、問題の解説です。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

解説

この問題の意図

現代医学的な症状の解釈とそれに伴った治療点である経穴が解剖学的にどこに位置しているのか問う問題

問題文について

L4ー5間のヘルニアでは、L5神経根が障害されます。ですので、L5領域である下腿前外側から母趾にかけて痛みが発生することが考えられます。

選択肢の解説

承 筋

膝窩横紋の下方5寸で腓腹筋の両筋腹の間

陰 谷

膝関節を軽く屈曲したときにできる膝窩横紋上で、半腱様筋腱の外縁

地 機

下腿内側で脛骨内縁の後際で陰陵泉の下方3寸

足三里

下腿前面で犢鼻と解渓を結ぶ線上で犢鼻の下方3寸 前脛骨筋中に取る

これらより導き出される解答

上記より答えは「足三里

まとめ

今回はヘルニアの関連痛がどこに発生するのか理解していることに合わせて、経穴の部位を理解しているか問われた問題でした。このような問題は今後も出題されることが大いに予想されますので対策しておきましょう。

その他

他の第27回鍼灸国家試験問題の解説も読む→こちら
他のはりらぼ!オリジナル問題2019の解説も読む→こちら
その他試験問題を解く→こちら
プレスリリースの掲載をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

はりらぼ!in LINE@はこちら!

友だち追加

Twitterも緩く更新中。
@harilaboteamのフォローよろしくお願いします。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事