【東臨】29回鍼灸国試解説【問128】

まずは問題を解いてみよう。

次の文で示す異常歩行に対して筋萎縮の予防を目的に低周波鍼通電療法を 行う場合、治療穴の組合せとして適切なのはどれか。 「つま先が上がりにくく、膝を高く上げた後、つま先から接地するように歩く。」
第29回 鍼灸国家試験 問題128
以下、問題の解説です。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

解説

この問題の意図

問題文の疾患がなんの筋が原因であるのかを理解し、選択肢の経穴の位置になんの筋があるのかを把握しているのか問う問題

問題文の解説

「つま先が上がりにくく、膝を高く上げた後、つま先から接地するように歩く。」

つま先を上げる筋肉の代表格は前脛骨筋ですね。前脛骨筋がうまく収縮しないため、膝を高くあげなくては足が引っ掛かり転倒してしまいます。ですので、前脛骨筋がうまく収縮できない人は股関節を屈曲させて膝を高く上げるように歩きます。また、前脛骨筋が働いていないので足関節は背屈できず、つま先が下に垂れ下がりますので、地面に接地させるのはつま先が一番最初となります。このような歩行を「鶏歩」といいます。

選択肢の解説

伏 兎  ー  陰 市 = ×誤り 大腿直筋

伏兎・・・膝蓋骨底外端~上前腸骨棘で膝蓋骨底の上方6寸

陰市・・・大腿直筋腱の外側で膝蓋骨底の上方3寸

委 中  ー  承 山 = ×誤り 腓腹筋

委中・・・膝窩横紋の中点で膝窩動脈拍動部

承山・・・腓腹筋筋腹とアキレス腱の移行部で委中の下方8寸

地 機  ー  三陰交 = ×誤り 後脛骨筋やヒラメ筋

地機・・・脛骨内縁の後際で陰陵泉の下方3寸

三陰交・・・脛骨内縁の後際で内果尖の上方3寸

足三里  ー  下巨虚 = 〇正しい 前脛骨筋

足三里・・・犢鼻~解渓 犢鼻の下方3寸

下巨虚・・・犢鼻~解渓 犢鼻の下方9寸

これらより導き出される解答

上記より答えは「足三里  ー  下巨虚

まとめ

今回は起きている症状がなんの筋肉が原因であり、経穴がどの筋肉に位置しているかを問う問題でした。経穴の部位を問う問題は他にもいろいろな科目で出題されますのでしっかりと把握しておきましょう。

その他

他の第27回鍼灸国家試験問題の解説も読む→こちら
他のはりらぼ!オリジナル問題2019の解説も読む→こちら
その他試験問題を解く→こちら
プレスリリースの掲載をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

はりらぼ!in LINE@はこちら!

友だち追加

Twitterも緩く更新中。
@harilaboteamのフォローよろしくお願いします。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事