【臨各】28回鍼灸国試解説【問56】

まずは問題を解いてみよう。

次の文で示す症例に対する歩行介助で最も適切なのはどれか。 「58 歳の男性。 2 年前から右手の振戦が出現、後に動作が緩慢になってきた。急 に狭くなる場所では足が前に出ない。」
第28回 鍼灸国家試験 問題56
以下、問題の解説です。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

解説

この問題の意図

パーキンソン病の歩行に関しての知識を有しているかを問うている。

問題文の疾患を特定

症例問題ですので、何の疾患なのかを見ていきましょう。
「58 歳の男性。 2 年前から右手の振戦が出現、後に動作が緩慢になってきた。急に狭くなる場所では足が前に出ない。」
①振戦
②動作緩慢
③足が前に出ない
この3つから本症例は、パーキンソン病であることが疑うことができます。

パーキンソン病

症例がパーキンソン病であることが分かったところで、特徴的な歩行である「小刻み歩行」に関してです。
これは、歩行をしている時に徐々に歩幅が狭くなり、突進するような歩行となってしまうことです。
この歩行に対しては、「メトロノーム」を用いて歩行を補助することが有効です。
メトロノームでリズムをとってあげて、それに合わせながら歩行を行うことで、小刻みにならずに歩行できるように補助できます。

これらの情報から導き出される解答

上記より答えは「メトロノームでリズムをとる

まとめ

パーキンソン病の三大症状は
・無動
・固縮
・振戦
小刻み歩行に対しては、
メトロノームでリズムをとりながら補助してあげる。
以上のことを覚えておきましょう。

その他

他の第27回鍼灸国家試験問題の解説も読む→こちら
他のはりらぼ!オリジナル問題2019の解説も読む→こちら
その他試験問題を解く→こちら
プレスリリースの掲載をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

はりらぼ!in LINE@はこちら!

友だち追加

Twitterも緩く更新中。
@harilaboteamのフォローよろしくお願いします。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事