【東臨】28回鍼灸国試解説【問122】

まずは問題を解いてみよう。

「49 歳の女性。半年ほど前から、めまい、顔のほてりが起こりやすく、汗が出や すい。腰や膝がだるく、力が入らない。閉経している。舌質紅、脈細数。」
第28回 鍼灸国家試験 問題122
以下、問題の解説です。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

解説

この問題の意図

症をたてて、その症に用いる経穴を選択できるかを問うている。

症を立てて、使用する経穴を選択しよう

まずは症例文から本患者の症を立てましょう。
症例問題ですの舌と脈から見ていきましょう。
舌:紅
脈:細数
この所見から、紅舌であり数脈であることから熱症細脈であることから虚証であることが分かります。
症状である「 腰や膝がだるく、力が入らない 」、つまり腰膝酸軟であることや生殖機能に関係する記載である「閉経している」ことなどから、腎の病証であることが分かります。
つまり、本患者は腎虚証であることが分かりました。
症が分かったところで、腎虚証で用いる経穴の一つである腎経の原穴が選択肢にありますので、 太渓が正解の選択肢となります。

これらより導き出される解答

上記より答えは「太渓

まとめ

腰や膝にだるさがある時は腎症のことが多い!

その他

他の第27回鍼灸国家試験問題の解説も読む→こちら
他のはりらぼ!オリジナル問題2019の解説も読む→こちら
その他試験問題を解く→こちら
プレスリリースの掲載をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

はりらぼ!in LINE@はこちら!

友だち追加

Twitterも緩く更新中。
@harilaboteamのフォローよろしくお願いします。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事