【経穴】28回鍼灸国試解説【問111】

まずは問題を解いてみよう。

五要穴で急性症状に用いる経穴の部位はどれか。
第28回 鍼灸国家試験 問題111
以下、問題の解説です。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

解説

この問題の意図

要穴を使用する症状と、要穴の取穴部位を覚えているかを問うている。

五要穴とは

診断や治療に使用頻度が高く、重要な経穴ということで、原穴、郄穴、絡穴、墓穴、兪穴の5種類の経穴が五要穴と呼ばれています。
このうち、郄穴は急性症状の反応点・診断点・治療点として用いられ、
絡穴は慢性症状の反応点・診断点・治療点として用いられています。
ですので、この問題では、「 五要穴で急性症状に用いる経穴の部位はどれか。 」と問われていますので、郄穴を答えればよいのです。

各選択肢の経穴名と要穴

それでは、各選択肢のうち郄穴であるものを探していきましょう。

まず、「 前脛骨筋の外縁、外果尖の上方 8 寸 」は胃経の豊隆で、絡穴ですので誤りです。
次に「 内果尖の下方 1 寸の陥凹部 」は腎経の照海で、八脈交会穴ですので、誤りです。
続いて「 腓骨の前方、外果尖の上方 7 寸 」は胆経の外丘で、郄穴ですのでこの選択肢が正解となります。
また「 側胸部、第 6 肋間、中腋窩線上 」は脾経の大包で、脾の大絡の絡穴ですので、この選択肢も誤りとなります。

この問題は 、
①「 五要穴で急性症状に用いる経穴」が郄穴であること
②各選択肢の取穴部位から経穴名が分かること
③各経穴の要穴がわかること
の3点が要求されています。

これらがすべて正確に覚えられていることにより正解の選択肢を導き出すことができますので、順を追って、それぞれを覚えておきましょう。

これらより導き出される解答

上記より答えは「腓骨の前方、外果尖の上方 7 寸

まとめ

要穴のうち急性期に用いるのは郄穴。
要穴の取穴部位は正確に覚えよう。

その他

他の第27回鍼灸国家試験問題の解説も読む→こちら
他のはりらぼ!オリジナル問題2019の解説も読む→こちら
その他試験問題を解く→こちら
プレスリリースの掲載をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

はりらぼ!in LINE@はこちら!

友だち追加

Twitterも緩く更新中。
@harilaboteamのフォローよろしくお願いします。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事