【東概】27回鍼灸国試解説【問99】

まずは問題を解いてみよう。

大腸の病変に用いる下合穴はどれか。
第27回 鍼灸国家試験 問題99
以下、問題の解説です。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

解説

この問題の意図

年々、経絡経穴の範囲以外の科目で出題されてきた経穴を問う問題。
今回は東洋医学の科目の問題中に出題された問題。

下合穴一覧

陽陵泉:胆経胆の病
下巨虚:胃経小腸の病
足三里:胃経胃の病
上巨虚:胃経大腸の病
委中:膀胱経膀胱の病
委陽:膀胱経三焦の病

これらより導き出される解答

上記より答えは「上巨虚

まとめ

教科書の表を覚えておけば解ける問題です。
要穴の表はよく出題され、暗記さえすれば確実に点が取れるので押さえておきましょう。

その他

はりらぼ!in LINE@はこちら!

友だち追加

Twitterも緩く更新中。
@harilaboteamのフォローよろしくお願いします。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事