【臨各】27回鍼灸国試解説【問65】

まずは問題を解いてみよう。

COPD で正しいのはどれか。
第27回 鍼灸国家試験 問題65
以下、問題の解説です。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

解説

この問題の意図

鍼灸国家試験のよく出題される呼吸器疾患の問題

COPDとはなにか?

慢性閉塞性肺疾患【COPD:Chronic(慢性) Obstructive(閉塞性)Pulmonary(肺)Disease(疾患)】の略語です。主な原因はたばこの煙であり、有害物質が肺の炎症を起こし、呼吸がしにくくなる病気である。

閉塞とあるように空気の流れが悪くなり、特に空気を吐き出すことが困難になるのが特徴です。

①気管支の狭窄

有害な物質が細い気管支などで炎症を起こし(気管支炎)気管支が狭くなると空気の流れが悪くなります。

②肺胞の障害

有害な物質が肺胞まで及び炎症を起こし、肺胞の壁を破壊、古くなったゴム風船のようになる(肺気腫)と空気の流れが悪くなる。

選択肢の解説

喫煙は関与しない。
>たばこの煙が原因なので喫煙は関与する。

安静時の呼吸困難が特徴である。
>浅くて早い、十分に息が吸えない、息を吐くのが苦しいのが特徴。

肺機能検査では閉塞性障害が特徴である。
>慢性閉塞性肺疾患の名の通り閉塞障害は特徴である。

発作時に気管支狭窄音を伴う。
>気管支喘息など気道の狭窄によって気管支狭窄音は生じる

これらより導き出される解答

上記より答えは「肺機能検査では閉塞性障害が特徴である

まとめ

COPDは良く国家試験に出題される問題です。要点をしっかり押さえておきましょう。

その他

はりらぼ!in LINE@はこちら!

友だち追加

Twitterも緩く更新中。
@harilaboteamのフォローよろしくお願いします。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事