【臨各】27回鍼灸国試解説【問60】

まずは問題を解いてみよう。

腎前性急性腎不全の病因はどれか。
第27回 鍼灸国家試験 問題60
以下、問題の解説です。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

解説

この問題の意図

泌尿器系疾患の知識を問う問題

急性腎不全とは?

突然の尿量減少と腎機能低下が特徴で、乏尿や無尿を起こす。

尿毒症状が起き、食欲不振や吐き気といった消化器系症状や精神症状、頭痛などが起こる。

血中の尿素窒素、クレアチニン、カリウム、リンの増加が起こる。

原因は①腎前性、②腎性、③腎後性の3種類に分類される。

腎前性の原因

出血性ショックなどで腎臓への血流が大幅に不足した場合

敗血症などの重症感染症に陥った場合

脱水

腎性

急性腎炎や薬剤(水銀中毒など)により腎機能が一時的に失われる場合

腎後性

結石や前立腺肥大などによって尿路の通過障害が起こった場合

選択肢の解説

広範囲熱傷では循環血液量減少性ショックを起こため腎前性腎不全を起こす。

前立腺がんでは前立腺の肥大や腫瘍による通貨障害があるため腎後性腎不全を起こす。

急性糸球体腎炎は腎臓そのものの疾患なので腎性腎不全を起こす。

ミオグロビン尿症は腎臓の尿細管に傷害をきたすため腎性腎不全を起こす。

これらより導き出される解答

上記より答えは「広範囲熱傷

まとめ

腎不全は鍼灸臨床とは遠いものではあるが、国家試験にも出題されやすい疾患ではあるので必要な知識として身につけておきましょう。

その他

他の第27回鍼灸国家試験問題の解説も読む→こちら
他のはりらぼ!オリジナル問題2019の解説も読む→こちら
その他試験問題を解く→こちら
プレスリリースの掲載をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

はりらぼ!in LINE@はこちら!

友だち追加

Twitterも緩く更新中。
@harilaboteamのフォローよろしくお願いします。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事