【病理】27回鍼灸国試解説【問42】

まずは問題を解いてみよう。

肝硬変患者の脾臓に最も生じやすいのはどれか。
第27回 鍼灸国家試験 問題42
以下、問題の解説です。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

解説

この問題の出題者の意図

肝硬変の正しい理解

肝硬変とは

肝硬変とは漢字から想像する通り、肝臓が硬く変化してしまう病気であります。
原因は色々ありますが、肝炎ウイルス感染や飲酒や栄養過多による脂肪肝からの変化などがあります。

肝臓と脾臓は密接な関係があり、また人体においても特徴的な循環機器系の構造が見受けられます。
それが門脈です。

門脈とは

脾静脈・上腸管膜静脈・下腸管膜静脈で構成された静脈である。
消化管内の血液を肝臓に送る静脈である。

これらの情報を基に先に答えを記載するとうっ血である。

  • 1.肝硬変になる
    何らかの原因で肝硬変になってしまう。すると肝臓が硬くなる前は受容できていた血液が、硬くなったことで肝臓に入る事が出来なくなってしまう。
  • 2.門脈圧亢進
    肝臓に向かって流れていた門脈は、肝臓が硬くなる事で血液が流れていかないためどんどん渋滞を起こしてしまう。
  • 3.うっ血
    門脈内で起きていた渋滞はどんどん後ろに波及していく。最終的には門脈の入り口でもある脾臓でも渋滞を引き起こし、脾臓でどんどん血が溜まっていってしまう。

といった流れになります。

梗塞の様に何かが詰まっているわけでも、水腫のように漏れ出てるわけでもないのがポイントです。

これらより導き出される解答

上記より答えは「うっ血」

まとめ

なんで肝硬変になると、脾臓が関係している汎血球減少が起きるのか?等も
病気の成因を考えると理解しやすくなります。

その他

他の第27回鍼灸国家試験問題の解説も読む→こちら
試験問題を解く→こちら

はりらぼ!のLINE@が出来ました。
国家試験解説の記事が更新はもちろん鍼灸情報をお届けします!
以下のリンクより登録お待ちしております。

友だち追加




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事