【東臨】27回鍼灸国試解説【問139】

まずは問題を解いてみよう。

「78 歳の女性。主訴は疲労感。最近、疲れやすく、動くのが面倒になった。意欲が 低下し、食欲も減退している。病院ではサルコペニアと言われた。」本症例の診断に用いないのはどれか。
第27回 鍼灸国家試験 問題139
以下、問題の解説です。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

解説

この問題の意図

疾患について理解しているか問われる問題

サルコペニアとは

サルコペニアとは加齢によって生じる骨格筋量の低下とそれに伴った骨格筋力の低下のことです。一見、加齢により身体機能が低下していく自然な経過に思えますが、筋肉量の減少が急激である場合、疾患として対処すべきと考えられています。

選択肢について

サルコペニアの疾患の特徴を考えるに、筋骨格筋の機能的検査が疾患の診断や病態把握に適していることが考えられます。そう考えると、酸素飽和度は当てはまらないので回答となるでしょう。

これらより導き出される解答

上記より答えは「酸素飽和度

その他

はりらぼ!in LINE@はこちら!

友だち追加

Twitterも緩く更新中。
@harilaboteamのフォローよろしくお願いします。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事