【経絡】27回鍼灸国試解説【問106】

まずは問題を解いてみよう。

八脈交会穴の部位はどれか。
第27回 鍼灸国家試験 問題106
以下、問題の解説です。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

解説

この問題の意図

八脈交会穴(八総穴)の取穴部位を問う問題

八脈交会穴について

(経脈)経穴経穴(経脈)
(衝脈)公孫内関(陰維脈)
(帯脈)足臨泣外関(陽維脈)
(督脈)後渓申脈(陽蹻脈)
(任脈)列欠照海(陰蹻脈)
経穴名所属取穴方法
公孫脾経第1中足骨底の前下方 赤白肉際
内関心包経長掌筋腱と橈側手根屈筋腱の間 大陵の上2寸
足臨泣胆経足背 第4・5中足骨底接合部の遠位 第5指の長趾伸筋腱外側
外関三焦経総指伸筋腱と小指伸筋腱の間 陽池の上2寸
後渓小腸経手背 第5中手指節関節尺側の近位陥凹部 赤白肉際
申脈膀胱経外果尖の直下 外果下縁と踵骨の間の陥凹部
列欠肺経長母指外転筋腱と短母指伸筋腱の間 太淵の上1寸5分
照海腎経内果尖の下1寸

選択肢の解説

・足内側、太渓の下方 1 寸、踵骨隆起前方の陥凹部
→腎経の水泉(郄穴)

・足内側、内果尖の下方 1 寸、内果下方の陥凹部
→腎経の照海(八脈交会穴)

・下腿外側、腓骨の前方、外果尖の上方 7 寸
→胆経の外丘(郄穴)

・下腿外側、腓骨の前方、外果尖の上方 5 寸
→胆経の光明(絡穴)

これらより導き出される解答

上記より答えは「足内側、内果尖の下方 1 寸、内果下方の陥凹部

まとめ

年々、経穴の取穴を問う問題は増加傾向にあります。中でも八脈交会穴は頻繁に出題されているので、全体的に押さえておく必要があるでしょう。

その他

はりらぼ!in LINE@はこちら!

友だち追加

Twitterも緩く更新中。
@harilaboteamのフォローよろしくお願いします。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事