【経絡】27回鍼灸国試解説【問105】

まずは問題を解いてみよう。

陰維脈の郄穴の部位はどれか。
第27回 鍼灸国家試験 問題105
以下、問題の解説です。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

解説

この問題の意図

避けては通れない経穴取穴の問題です。

選択肢の解説

下腿前内側、脛骨内側面の中央、内果尖の上方 5 寸:蠡溝(肝経の絡穴)

下腿後内側、アキレス腱の前縁、内果尖の上方 2 寸:復溜(腎経の経金穴)

下腿後内側、ヒラメ筋とアキレス腱の間、内果尖の上方 5 寸:築賓(陰維脈の郄穴)

下腿内側、脛骨内縁の後方の陥凹部、内果尖の上方 2 寸:交信(陰蹻脈の郄穴)

奇経八脈の郄穴

陽蹻脈跗陽(膀胱経の経穴)
陰蹻脈交信(腎経の経穴)
陽維脈陽交(胆経の経穴)
陰維脈築賓(腎経の経穴)

これらより導き出される解答

上記より答えは「下腿後内側、ヒラメ筋とアキレス腱の間、内果尖の上方 5 寸

まとめ

今回の問題は、奇形八脈の陽蹻脈・陰蹻脈・陽維脈・陰維脈の郄穴を覚えており、さらに取穴を問う問題でした。今後もこのように、1つの問題で複数のことを問われる問題が出題される可能性があります。本番で出題されても焦らず、1つ1つ解いてきましょう。

また、私自信の覚え方ではありますが、陽蹻脈:跗陽(膀胱)と陰蹻脈:交信(腎)は腎膀胱の陰陽関係で覚えると簡単です。蹻脈:膀胱()、蹻脈:腎()というイメージを持っています。
皆さんも覚えやすいイメージを作ると効率よく覚え、得点につながるかと思います。

その他

はりらぼ!in LINE@はこちら!

友だち追加

Twitterも緩く更新中。
@harilaboteamのフォローよろしくお願いします。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事