記事上のボックスで関連内容を切り替えられます!

【衛生】27回鍼灸国試解説【問10】

まずは問題を解いてみよう。

再興感染症はどれか。
第27回 鍼灸国家試験 問題10
以下、問題の解説です。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

解説

この問題の出題者の意図

再興感染症とはなにかを理解すること。

再興感染症とは

再興感染症とは以前から存在した感染症で最近になってまた増え始めている感染症の事である。
昔から存在してたものの最近また流行りだしている感染症と理解すると良いだろう。

例を挙げると結核やマラリアは再興感染症の一つで、過去にも流行しニュースなどで取り上げられているのを見たり・聞いたりしたことがあるのではないだろうか。

という事で答えは結核になる。

再興感染症に対して新興感染症という言葉もある。

新興感染症とは

まさに話題として取り上げられているコロナウイルスはこの新興感染症に含まれるだろう。
他にも具体例を挙げるのであればSRASやMARS、エボラ出血熱やAIDSなどがある。

いわゆる今まで発見されていなかった(わからなかった)感染症の原因が、最近になってやっと解き明かされたのが新興感染症である。
なので比較的新しく見つかったものは新興感染症に含まれると考えてよいだろう。

これらより導き出される解答

上記より答えは「結核

まとめ

めちゃくちゃタイムリーだなと思ったので少しでも印象に残ればと。
今回のコロナウイルスは日本での報道は年明けからだったので今年の国家試験には出ないかなと。
時期的に既に問題が出来ていて、印刷も終わってる可能性の方が高いかと。
もし時事問題として今回のコロナウイルスを意識した問題が出たら国家試験委員が相当頑張ったのだと思います。笑

接触感染も疑われているので手洗いうがいを欠かさず、試験まであと少し頑張ろう!

その他

他の第27回鍼灸国家試験問題の解説も読む→こちら
試験問題を解く→こちら

はりらぼ!のLINE@が出来ました。
国家試験解説の記事が更新はもちろん鍼灸情報をお届けします!
以下のリンクより登録お待ちしております。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です