【公衛】はりらぼ!オリジナル問題2019解説【問4】

まずは問題を解いてみよう。

典型7公害のうち、イタイイタイ病と関係があるのはどれか。
オリジナル2019問4
以下、問題の解説です。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

解説

この問題の意図

・典型7公害を知っているか
・イタイイタイ病を理解しているか

選択肢の解説

公害は環境基本法によって、

1.大気の汚染
2.水質の汚濁
3.土壌の汚染
4.騒音
5.振動
6.地盤の沈下
7.悪臭

によって人の健康又は生活環境に係る被害が生ずることと定義されています。
この7つのことを’’典型7公害’’と呼んでいます。
この7個は絶対に覚えておいてください。

一方でイタイイタイ病とは、
富山県神通川流域に発生し、昭和43年裁判により日本最初の公害病として認定された疾患です。
神岡鉱山亜鉛精錬所から亜鉛を製錬した後に出るカドミウムを含んだ排水をそのまま神通川に流してしまっていました。
川に流れ出たカドミウムの長期摂取によって腎尿細管障害により骨が非常にもろくなり、軽微な外力でも骨折をきたすために全身の激しい痛みを訴える病気です。
このようにカドミウムが川を汚染する、つまり、水質汚濁により引き起こされたのがイタイイタイ病です。
イタイイタイ病は典型7公害のうち水質汚濁により生じた公害です。

①カドミウムが川に流れ込み、水質汚濁が起こり、骨折しやすくなるのがイタイイタイ病です。

①カドミウム
②水質汚濁
③骨折

イタイイタイ病はこの三つの単語と一緒に理解しておきましょう。

というこで、イタイイタイ病は水質汚濁により起こりますので、選択肢2の水質汚濁が正解となります。
典型7公害に関する知識とイタイイタイ病に関する知識の両方が必要な問題ですが、それぞれをしっかりと覚えていれば解けるはずです。

これらより導き出される解答

解答:水質汚濁

まとめ

典型7公害をすべて覚えましょう!
イタイイタイ病の原因、症状を覚えておきましょう!

その他

他のはりらぼ!オリジナル問題の解説も読む→こちら
試験問題を解く→こちら

はりらぼ!のLINE@が出来ました。
国家試験解説記事はもちろん、鍼灸情報までお届けします!
以下のリンクより登録お待ちしております。

友だち追加
Twitterも緩く更新中。
@harilaboteamのフォローよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です